PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ

パテック フィリップについて

1839年、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペック、ふたりのポーランド人創業者によって「パテック・チャペック社」として設立されました。その後、1844年のパリ産業博覧会でフランス人時計師ジャン・アドリアン・フィリップと出会い、フィリップは翌年に正式に入社。チャペックは退社し、1851年に社名を「パテック・フィリップ社」に変更しました。

創業当初から、パテック・フィリップは「世界最高の時計を創る」という使命と、パテック・フィリップの時計であれば、どんなに古くても「永久修理」を保証して自社製品への誇りを掲げています。ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられていますが、その中でも特別視されています。その理由は、自社の信念に基づいて、妥協の余地がない品質と技術力を提供しているからです。
かつてはジュネーヴシールの認証を取得していましたが、現在は、自社の「パテック・フィリップ・シール」に切り替えることで、独自の高い認証基準を設けています。

ヴィクトリア女王、エリザベート王妃、アインシュタインなど、顧客台帳には歴史的な著名人の名が数多く並んでいます。

パテック・フィリップの時計は、代々受け継がれる価値ある宝物で、その歴史と伝統は一世紀以上にわたり、時計の精巧さと優れたデザインを世界に提供しています。

表示中

1~3 / 3

表示中件数

並び順

表示中

1~3 / 3

DISCOVER PATEK PHILIPPE

パテック フィリップについて知る

世界三大時計

パテックフィリップは世界三大ブランド腕時計の中でも上位に君臨するブランドである。
1839年の創業以来、パテック フィリップはジュネーブ高級時計製作の伝統を継承しつつ、中断することなく発展させてきました。
「世界一の時計を作る」という理念のもと、世界の腕時計製作を大きく進化させ、歴史に名を残すブランドに成長しました。

世界最高峰の技術力

パテックフィリップは、時計業界でも数少ない、製造の工程をすべて自社でまかなう「マニュファクチュールブランド」です。
さらに、他のマニュファクチュールブランドが実現できないコンプリケーションを可能としています。
コンプリケーションモデルで有名な機能のひとつが、時計の動きを行いながらカレンダーを自動調整する「永久カレンダー」。
現在でもその技術力を世界が認めており、永久カレンダーのエキスパートとして認知されています。

高品質の素材を厳選

最高品質の素材が使用されるパテックフィリップでは、アクアノートとノーチラスなどの一部モデルを除き、ゴールドもしくはプラチナを素材として使用することが基本です。
ステンレススチール素材でも、他社にマネできないレベルで徹底的に研磨されます。
また、装飾のダイヤモンドには4Cの基準でカラーをD〜F、
クラリティは内包物のないインターナルフローレスのグレードのみを使用するなど、品質管理を徹底しています。
高品質のダイヤモンドを揃えることが難しく、製作工程に遅れが出ることもあるなど、素材への強いこだわりがうかがえます。

永久修理に対応

パテックフィリップの時計に価値が付く理由のひとつが、永久修理に対応していることです。
長い歴史の中で様々な時計やムーブメントを手掛けてきましたが、その全ての修理を永久保証しています。
そのため、どんなに古いモデルも修理によって長く使えることから価値が下がりにくくなっているのです。
なお永久修理を可能としているのは、創業以来、時計の製造で使われた工具や工作機械、パーツなどを、廃棄せずに保管することで可能としています。